FC2ブログ

横浜市泉区の歯科 横浜いずみ台病院歯科診療室

横浜市泉区の横浜いずみ台病院歯科診療室の情報ブログです。 歯科診療室からの各種情報を発信してまいります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

親知らずの話

こんにちは。歯科医師の餅田です。

良く、なぜ親知らずを抜かなければならないのかと、質問を受けます。
今日は親知らずについてお話をしてみようと思います。

親知らずは真っ直ぐ生えてくれば必ずしも抜かなければいけないわけではありません。
しかし、昔に比べ食べるものが柔らかくなったり、様々な理由で現代の人は顎の発育が悪くなり、親知らずが生えるスペースが無いことが多くなって来ています。
スペースが足りないとどのような事が起きるのでしょうか。

親知らずは生えて来るスペースが無くなると、骨の中に埋まったまま発達してしまいます。
完全に骨の中に埋まってしまう場合と、中途半端に口の中に斜めに生えてきてしまう場合とあります。
また、骨の中でスペース不足により発達途中にエラーが生じ、含歯性嚢胞という病気になってしまうこともあります。

歯の周りに嚢胞が広がると、次第に骨が薄くなり、骨折してしまうケースも稀に見られます。

口の中に中途半端に生えている場合もなかなか厄介者となります。
親知らずは半分以上埋まっている風に見られる口の中でも、実は親知らずの周りの歯茎には深い歯周ポケットができやすいです。

そこに食べ物のかすやプラークが溜まると歯茎に炎症を起こし痛みが出たり、その溜まった食べかすから虫歯になってしまいます。親知らずだけならともかくですが、多くの場合前の歯を巻き込み虫歯になっていくケースがとても多く見られます。

などなど、親知らずは顎が小さくなった現代の人々にはあまり利点を成す歯ではなくなってしまいました。また、奥に生えているため治療がしづらく、虫歯やその他の疾患の再発率がとても高くなっています。なので、生え方によっては抜いてしまう事が良いと考えられるようになりました。

しかし、親知らずは必ずしも悪いものばかりではありません。
きれいに生え揃えば噛む力は強くなりますし、前の歯が駄目になってしまったとき代わりに使うことも可能です。また最近では再生医療の観点からも、親知らずの中に通る神経や細胞は注目を集めていたりもします。

もし、お口の中に気になる親知らずが有りましたら、お気軽にご相談ください。
ご来院、心よりお待ちしております。

| 患者様へ | 15:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://izumidaidental.blog.fc2.com/tb.php/541-48253754

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>